Linux技術者認定資格「LinuC レベル1」に受かるために行った勉強法&使った参考書とサイトを紹介

2020年10月下旬にLinuCレベル1(ver4.0)に受かりました!!
受かるために勉強した方法と使用した参考書・サイトを紹介します!

※2021年4月以降に受験される方はver10.0の学習範囲になります。
ver4.0は2021年3月31日までなので要注意!

使用したLinuC対策の参考書&サイト

LinuCイージス

LinuCの出題範囲をまとめてくれている公式サイト。初めて勉強するときはこれである程度出題範囲を軽くさらっておくのが吉。また、勉強していてわからなくなったときの復習にも最適。

Ping-t

Linucに受かるために必須といっても過言ではない問題集サイト。
ここですべて金にしておけば合格圏内。

Linux教科書 LinuC レベル1 スピードマスター問題集

Ping-tの問題だけやってると問題を暗記してしまうので、このスピードマスター問題集で知識の補完を行うのがベスト。

ぼくが行ったLinuC勉強法

1. LinuCイージスで軽く内容を把握する

ぼくは業務で少しLinuxを触っていますが、Linuxのアーキテクチャなどの出題範囲は初めちんぷんかんぷんでした。全く知らない知識を学ぶのにLinuCイージスは向いており、さらっと概要を把握します。

2. Ping-tの問題をすべて金になるまでやりこむ

LinuCイージスで把握した内容を元にping-tの問題をこなしましょう。
LinuCイージスでは出てこない内容もバンバン出てくるので初めは心が折れそうになりますが、問題を解き続けましょう。

ping-tでは問題を2連続で解くと問題に金色のメダルがつきます。これを理解した指標として勉強していきます。
まずは全問金になるまで解き続けましょう。

3. 全部金にしたらping-tの模擬試験にトライ

全部金にして自信がついたら、ping-tの模擬試験にチャレンジしましょう。
模擬試験は全分野出題されるので、自分の苦手分野がわかります。
自分の苦手分野はスピードマスターや分野別問題を解いてしっかり復習しましょう。

模擬試験で8~9割取れたらほぼ合格圏内です。
ぼくは9割取れるようになってから本番に臨み、一発合格でした。

おわりに

LinuCは試験料も高い(税抜15000円!)ので一発合格したいですよね・・・
今回紹介した内容で勉強すればきっと合格できると思います。
応援してます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA